光速のおくりびとほ~ちゃんのあっさり動画ちゃんねる

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.
2.デウスエクス
3.誕生日研究家
4.Love Story
5.Devon Aoki
6.インドリ
7.Lucky Brand
8.鋼の錬金術師
9.グーニーズ2
10.角川春樹

Getz/Gilberto スタン・ゲッツとジョアン・ジルベルトがアントニオ・カルロス・ジョビン
をフューチャーして、1963年にニューヨークで録音された作品。
3年に渡る欧州でのブランクによって散々酷評を受けたスタン・ゲッツ、
ボサノヴァリズムを作り上げたバイーア出身のジョアン・ジルベルト、
多くの作曲もリズムに恵まれなかったアントニオ・カルロス・ジョビン。
野合との指摘もあるが、3人の奇才によってこの傑作が生まれた。
そして、この背景には当時ヴァーヴだったクリード・テイラーが
プロデュースを担当していることも付け加えたい。結果、
多くの賛同を得てスタン・ゲッツは本作でグラミー賞を受賞し、
白人テナーとしてのゆるぎない地位を得た。
また、本作は純粋な音楽とは違った側面からも多くの注目を集めた。
ジョアン・ジルベルトとスタン・ゲッツの音楽性の違いからくる確執や、
本来、ギターとヴォイス程度の素朴な編成からくる音楽にサックスが
執拗に入り込んでくるこの作品は果たしてボサノヴァといえるのか?
等、様々な論議をかもし出した。しかし、その音楽性は極めて豊かで、
いわゆる純粋なボサノヴァの作品の追随をも許さないものがある。
それが顕著に出てくる場面は3者それぞれ特徴的で、
スタン・ゲッツのバッキングプレイと、ジョアン・ジルベルトの声とギター、
そして、アントニオ・カルロス・ジョビンのピアノである。
いずれも”ささやく”ような演奏に徹していて、決して前に出てこない。
しかし、ハマッタポイントに音を入れてくるので非常に目立つ。
静かな音にも明確な主張が見て取れるのだ。
ボサノヴァに限らず、ブラジル音楽を聴く上でこの作品を欠かす事は
出来ない。いや、この作品の与えた影響はジャズを始めとした多くの
国の音楽に色濃く現れており、音楽を聴く方全てが耳にすべき音では
ないかと思う。それだけ画期的なのだ。今聴いても実に新鮮である。

スタン・ゲッツ・ラスト・レコーディング [DVD] スタン・ゲッツのラストライブ。
癌が進行して死が迫っているのにこの演奏。凄い。
音色、節回し、歌心溢れる心地よい演奏。イイ!!
バックのメンバーもGood。ゲッツの代表作になったと思う。
CDのPeople Timeもいっしょに揃えたい。

Quartets 1950年発売の初期の傑作。このアルバムでゲッツは一躍、ジャズ界のスターになった。「ホワッツ・ニュー」「マイ・オールド・フレーム」「アイヴ・ゴット・ユー・アンダー・マイ・スキン」など名曲が目白押し。ピアノはアル・ヘイグ、ベースやドラムは曲によって複数が参加しているが、パーシー・ヒース(ベース)、ロイ・ヘインズ(ドラム)など豪華。半世紀前のジャズ。どうです。いいでしょう。ゲッツファン必聴の一枚。(松本敏之)
☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!